ファイルサーバの導入目的

ファイルサーバの導入目的 クラウドファイルサーバーは、ファイルサーバーをクラウド化することでファイル共有の課題を解決するために導入されることが多いです。最近は、社外で仕事をすることが多く、ファイルの大容量化も含めてファイルサーバーの利用の仕方を変えていく必要があります。

そこで考えられたのがLANやWANなどのネットワーク経由でファイルを公開・共有できないかという事でした。クラウドファイルサーバーの導入によって文書作成の共同化という目的が達成されます。またローカルディスクの容量を補完する目的にも利用できます。ファイルをバックアップしておくことで一元化による運用管理が簡素化できたりデータ信頼性の確保ができます。ファイルサーバーでは、メール添付による誤送信や情報漏えいの防止をすることもできるので安全性においても優れています。

ファイルサーバーとNASは、ネットワークを経由してファイルを共有したり、データをやり取りできる部分は変わりませんが、「ファイルを共有するために設定されたコンピューター」という意味合いが違います。NASは、「ファイルサーバー」の用途としてネットワークで使えるハードディスクと考えればわかりやすいです。

クラウドファイルサーバを導入してコスト削減と効率化

クラウドファイルサーバを導入してコスト削減と効率化 社内では情報をやり取りして共有するすることが欠かせませんが、その種類や方法がいくつかあります。特に作成したファイルを共有する場合はメールなどでやり取りしていては相手が限定的になってしまうことと、リアルタイムで更新できない、容量の問題も発生してきます。このような時にクラウドファイルサーバを導入してネットワーク経由で公開、共有することができ、共同で作業を進めたり、個人のパソコンで管理せずに容量の削減もできるのです。

クラウドファイルサーバ導入時に考えておくことは単純にファイルサーバとする場合とハードディスクとして利用するということになります。ファイルサーバはユーザーの管理を行いやすいというメリットがあるということと、ハードディスクとして共有する場合はコスト面にすぐれているということになります。ポイントは運用管理ということになるのでセキュリティ面を考慮して構築しなければなりません。各社サービスを利用する事で管理コストの削減も可能です。

新着情報

◎2019/4/3

クラウドファイルサーバとの違い
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

ファイルサーバの導入目的
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

クラウドファイルサーバのメリット
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「クラウド 導入」
に関連するツイート
Twitter

レッドハット日本法人は2019年4月24日、同社の新たな決算年度にあたる2020年度(2019年3月~2020年2月)の事業戦略に関する記者説明会を開いた。ハイブリッドクラウドの運用負担を大きく軽減できるコンテナの導入支援や運用自動化技術の普及に全力を挙げる考えを示した。 tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/…

RT @Kloutter: マーケティングのインハウス化推進メディア「In-House Marketing Lab」をリリース! | 導入実績No.1クラウド広告運用ツールShirofune(シロフネ) shirofune.com/inhousemarketi…

TwitterMasayuki Kai💪フォームラン@Kai_MSYK

返信 リツイート 19:46

榊先生の初著書「日本一わかりやすいHRテクノロジー活用の教科書」を購入・拝読しました。初めてのクラウドソフト導入検討する方にもおすすめの良書です。社労士に向けたメッセージ「極論を言えば人事労務手続きや給与計算の仕事が無くなるのが理想」が胸に沁みます(^-^; amazon.co.jp/gp/product/453…

クラウドサービスが今くらい普及すると、必要性を吟味する前に、あのサービス使ってみたいから導入したい、というユーザーが現れるのだな。これはビジネス部門ならSaaSだけど、IT部門でもPaaS・IaaSに対し同じ事態があり得ると思う。ユーザー企業側は、雰囲気に流されずに要件定義する事が大事だな

返信先:@RayMuramoto 確かにDELLは安いから法人への導入が多いですね。 安かろう悪かろうかもしれませんが、法人実績は確かだから、法人向けのパソコンを法人契約で導入するのが良いかと思います。 FUJITSUやSONYなど大手でも法人向けがありますので、決め手は価格と保証かな?同時に企業向けクラウドも考えてみては?

Azitでもモチベーションクラウド導入してます🚙! 「サスティナブルな経営のために、カルチャーを育む」|株式会社Azit 代表取締役 吉兼 周優様 motivation-cloud.com/lp/motivation-…

独自の骨伝導デバイスを開発・製造するものづくりベンチャーのBoCo様に、「NetSuite OneWorld」を導入していただきました。 【記事紹介】骨伝導で若年層の難聴リスク低減--ものづくりベンチャーがクラウドERP導入の理由 (ZDNet Japan) ora.cl/kB4qk

TwitterOracle Japan/日本オラクル@Oracle_Japan

返信 リツイート2 16:00

林雅之『イラスト図解式 この一冊で全部わかるクラウドの基本 第2版』(SBクリエイティブ)入荷しました。 ★クラウドの基本的な内容から、サービスとその利用、導入、サービス事業者、業種別・目的別クラウド活用例まで、イラスト図解を交えて解説。実務に生かせる知識が効率よく身につく。 pic.twitter.com/dlirG5qo3u

Twitter精文館書店 本店3F@seibunkan_3F

返信 リツイート 15:01

株式会社アイエスエフネットさんの導入事例動画が公開されました❗ クラウドに対応できる「人財」の充足率を着実に増やすためCompTIA Infrastructure Career Pathwayが参照されています。 youtu.be/IVkdRiCzOMg #CompTIA #人材育成 #資格 #クラウド

Twitter板見谷剛史@CompTIA@CompMIYA

返信 リツイート 14:35

[オープンフォーラム2019] 5/29(水) 「クラウド活用最新事例」 クラウドを活用した研究教育への取り組みを進めている大学・研究機関の最新事例を紹介。合わせて、クラウド導入・活用支援のためにNIIが進めている学認クラウドサービスについて最新動向を説明します。 #SINET5 nii.ac.jp/openforum/2019…

Twitter国立情報学研究所(NII)@jouhouken

返信 リツイート 13:54