クラウドファイルサーバとクラウドストレージの違い

クラウドファイルサーバとクラウドストレージの違い クラウドファイルサーバとクラウドストレージはファイルやデータの保存に使用されるという共通点はありますが、そのサービス内容には違いがあります。
まずクラウドファイルサーバについてですが、こちらはクラウド環境でファイルサーバを構築して提供するサービスです。
ネットワーク経由でサーバの一部、もしくは一台をレンタルすることができます。
通信環境に左右されやすい、外部の人間でもデータの閲覧やファイルのダウンロードが誤作動で可能になってしまうなどの欠点がありますが低コストで導入できるという利点があります。
クラウドストレージはオンライン上でファイルのバックアップや他のユーザーとの共有、データの授受ができるサービスのことです。
通常のデバイス内や外付けハードディスク、USBメモリのような外部接続されたストレージへのデータ保存をオンライン上で保存することができます。
要約すると、ファイルサーバが「サーバ内でデータやファイルを保存・共有」するサービスであることに対し、ストレージは「パソコン内でデータやファイルを保存する場所」を提供するサービスのことを指します。

クラウドファイルサーバやクラウドストレージを用途別に使い分ける

クラウドファイルサーバやクラウドストレージを用途別に使い分ける クラウドファイルサーバとクラウドストレージは似たサービスですが、用途を使い分けをする事でユーザーは効率的にファイル管理が出来るでしょう。
クラウドファイルサーバは、クラウドストレージとは違って、仮想化したファイルサーバを利用する事が出来ますので、より高性能であり、多くの場合、IaaSをベースにシステムが構築されていますので、セキュリティ面で優れています。
クラウド上にあるサーバはサービス展開する時に仮想化が行われている事が多く、セキュリティを考慮して社内データの共有化を行いたいのであれば、クラウドファイルサーバを使うのは有効です。
用途別に分けて活用していけば、運用にかかるコストを下げる事が出来ます。
ファイルの共有化にコストをかけ過ぎたくないと考えている企業には、クラウドサービスを使う事は初期費用とメンテナンスにかかる費用を抑える事ができ、予算を他の部分に集中投資する事が出来る事になるでしょう。

新着情報

◎2018/11/16

クラウドファイルサーバのメリット
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「クラウド 違い」
に関連するツイート
Twitter

推しに大きな動きがあったときはすごく嬉しんだけど、同時に「余計な設定を盛られる位なら思い出の中でじっとしていてくれ…」ってセフィロスに対して解釈違い起こしてるクラウドみたいになる時ある。

自分をシュートと勘違いしたカインと扇風機と成り果てたクラウドがチームメイトじゃそりゃ捨てゲーになるわ

×クラウドファンティング ○クラウドファンディング 間違いがち

【人気のブログ記事】 クラウドファンディングは大きな分類として3つにわかれます。「購入型」「投資型」「寄付型」です。それぞれの違いについては、URLから! goo.gl/sKPnuK #クラウドファンディング

Twitter白井真一@CF新規相談受付中@shiraishinnichi

返信 リツイート 昨日 23:29

これまで #オーダーメイド が主流であった #ロゴ制作 も、すでにあるサンプルの中からイメージに近いものを選んで購入してからアレンジ制作を開始する。という傾向が強くなってきました。 そういったwebサービスはクラウドソーシングとは違い、大半プロの方が制作するので安心して依頼出来ます。 pic.twitter.com/gtnPelCrav

クラウド違い

Twitterだいふく@グレーカービィ🎄クリスマス@Daifuku_0320

返信 リツイート 昨日 21:42

違いクラウド厨やめてくれよ…

TwitterTe.*めざめるパワー@C4KGlOwInXpSLjo

返信 リツイート 昨日 20:38

製作委員会方式とクラウドファンディングやコンテンツファンドの違いをちょうど調べてた身としてはタイムリーな記事 twitter.com/cloudcapital1/…

返信先:@FFBE_JP 引かない理由を考えてみる。ソラはトラマスが専用なので4体だと2本無駄になるのでスパトラはスパトラモグで。 クラウドはアクセだからマーシャルとかラッシュグローブと同じで50%だろう。 今からでも遅くないソラ専用は間違いでしたと専用消せ。

NEXTユニコーン ランキング3位 クラウド会計ソフトのfreeeはAIを使った月次監査機能を強化。会計士や税理士が顧問先の試算表を検証する監査業務で間違いの可能性がある勘定科目を機械学習で自動的に検知。企業の経営状況を正確に把握できる様にし監査業務の負担を軽減する。 nikkei.com/article/DGXMZO…

Twitterカイエン@いつも心に太陽を☀️@FaL5ons

返信 リツイート 昨日 17:40