このサイトではクラウドファイルサーバーの「クラウド」の意味とはの解説やそのメリット、導入目的に関しての解説を行っています。
近年はデータ管理の主流でも占めている存在で、ビジネスやプライベートでもそれをあまり意識することもなく利用されています。
ネット環境に存在すれば、自由に利用することも可能でファイル自体を自在に管理することもできます。
また携帯端末の高機能化から、それによるアクセスもしやすく利便性も向上しております。

クラウドファイルサーバの「クラウド」の意味とは

クラウドファイルサーバの「クラウド」の意味とは クラウドファイルサーバーの「クラウド」の意味とは、英語では「cloud」と表記され、直接的には雲を意味します。
インターネット上の無限さは空に匹敵し、そこに無数に存在する雲の塊があるようなイメージから来ています。
クラウドファイルサーバーではファイルをインターネット上に存在させて管理を行うことも可能で、容量に関係なく管理を行うことができる点で優れます。
企業がクラウドファイルサーバーでファイルを管理する目的は、働く人に必要となるファイルが共有できることです。
それと同時に従来の社内サーバーではリソース資源に限界が生じ、維持管理にコストがかかてしまうのを抑制する効果を生み出すこともできます。
ファイルをインターネット上に存在するクラウドで格納しておけば、一元管理も行いやすくセキュリティ向上に貢献する狙いもあります。

クラウドファイルサーバーとオンプレスミスとはどんなものなのか

クラウドファイルサーバーとオンプレスミスとはどんなものなのか オンプレミスの意味はITシステムを構築するときに自社で運用を行うもので、ネットワーク機器やサーバー購入する必要があります。
現在はクラウドが使われていますが、それまではウェブサイト構築やシステムはオンプレミスが一般的な導入方法だったのが特徴です。
サーバーは現在レンタルを行うことができるものでクラウドファイルサーバーと呼ばれるものもあります。
クラウドファイルサーバーとはファイルを使うときに活用するものです。
例えばサーバー上にあるファイルを別のパソコンから操作できるのが特徴といえます。
これによりパソコンへの負担が極端に少なくなるので使い勝手がいいです。
また別のパソコンからアクセスしていつでも操作ができるのでデータを持ち運ぶリスクもありません。
パソコンやガジェットを紛失してデータ漏洩を防ぐ事ができるので安心です。
スマートフォンから利用できるメリットもあるので現代の生活環境に適したものといえるでしょう。
クラウドタイプのメリットはオンプレミスに比べてイニシャルコストが極端に少ないところにあります。
初期費用は基本的に無料で月額料金制を採用しているのが特徴です。
これにより中小企業でも簡単に導入できます。

クラウドファイルサーバ関連情報

クラウドファイルサーバ

新着情報

◎2019/4/3

クラウドファイルサーバとの違い
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

ファイルサーバの導入目的
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

クラウドファイルサーバのメリット
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「クラウド 意味」
に関連するツイート
Twitter

気に入りのレコードを棺桶に入れて自分と一緒に燃やさないで売って他の人に聴いてもらいたいってツイートを思い出して、ある意味クラウドというか、そうやって音楽をお返しすることができるんだなと思ったりしたアナログディスク。

京都人の言う「おたくの会社さん立派なサーバー使うてはりますなあ」は従前「はよクラウドぐらい導入せえや未開人」の意味でしたが、8月24日以降は言葉通りの意味で話している可能性が出てきておりコミュニケーションを一層難解なものにしています。

クラウドファンディングの意味みが分からなすぎて稲造君に教えてもらった! 完全に理解したわ

小結寺の無料化に向け 頑張っている。 クラウドファンディングに 賭けようと必死に資料を作り やっと審査を通過した。 しかし、初回の打ち合わせで 「何がしたいのかわからない」 「クラウドファンディングを使う意味は?」 と、根本を否定された。 何がしたいって 自殺を減らしいだけだ! #自殺

Twitter座禅スタジオ小結寺@koyuidera

返信 リツイート 18:46

AWSの障害が話題だけど、僕はクレカの明細から人間ドックの結果まで全部クラウドに保存しています。写真だって2004年以降撮影したものは全部です。ある意味Googleの「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」に影響されてます。西海岸的発想だよね。

Twitterカフェ・ゲルボア@aobajam

返信 リツイート 17:35

クラウド集中」の意味がわからないけれど、「リージョン集中」なら東日本大震災当時のサプライチェーンとインフラと制度の代替の難しさと問題がよく似ていると思う。 / クラウド集中にもろさ アマゾン「AWS」大規模障害 nikkei.com/article/DGXMZO…

下記、さすがに心配で電話した。全てDropboxにUPしてるから無問題だってさ‥。 亭主に「クラウド使って身軽になって、その分釣りのパンフやカタログ持ち運んだら意味が無い」そう伝えたんだ。 亭主曰く「業務はクラウドへ、浪漫は手元に」だってさ‥ 全く懲りてナイことは理解できました😭

Twitterを見ていると、いかにAWSが世の中に広く浸透していて、今回のAWS障害がいかに影響大だったのかが分かる。 AWSやその他クラウドを使っていなくて影響がなくホッとしているところは、違う意味で危機感を持ったほうがいいかも。

Twitter高橋 宏充(Hiromitsu Takahashi)@hiro_himi_3026

返信 リツイート 15:21

クラウドに集中” クラウドは分散なんじゃ… オンプレミスにしてお前の会社だけ死んでろって意味なのかな。 / 他62件のコメント b.hatena.ne.jp/entry/s/www.ni…クラウド集中にもろさ アマゾン「AWS」大規模障害  :日本経済新聞” (128 users) htn.to/3Cp9dfejNa

同じクラウドプロバイダの利用者は情報共有するメリットがあるし、何なら違うクラウドプロバイダやオンプレでも意味がありますよね。