このサイトではクラウドファイルサーバーの「クラウド」の意味とはの解説やそのメリット、導入目的に関しての解説を行っています。
近年はデータ管理の主流でも占めている存在で、ビジネスやプライベートでもそれをあまり意識することもなく利用されています。
ネット環境に存在すれば、自由に利用することも可能でファイル自体を自在に管理することもできます。
また携帯端末の高機能化から、それによるアクセスもしやすく利便性も向上しております。

クラウドファイルサーバの「クラウド」の意味とは

クラウドファイルサーバの「クラウド」の意味とは クラウドファイルサーバーの「クラウド」の意味とは、英語では「cloud」と表記され、直接的には雲を意味します。
インターネット上の無限さは空に匹敵し、そこに無数に存在する雲の塊があるようなイメージから来ています。
クラウドファイルサーバーではファイルをインターネット上に存在させて管理を行うことも可能で、容量に関係なく管理を行うことができる点で優れます。
企業がクラウドファイルサーバーでファイルを管理する目的は、働く人に必要となるファイルが共有できることです。
それと同時に従来の社内サーバーではリソース資源に限界が生じ、維持管理にコストがかかてしまうのを抑制する効果を生み出すこともできます。
ファイルをインターネット上に存在するクラウドで格納しておけば、一元管理も行いやすくセキュリティ向上に貢献する狙いもあります。

クラウドファイルサーバーとオンプレスミスとはどんなものなのか

クラウドファイルサーバーとオンプレスミスとはどんなものなのか オンプレミスの意味はITシステムを構築するときに自社で運用を行うもので、ネットワーク機器やサーバー購入する必要があります。
現在はクラウドが使われていますが、それまではウェブサイト構築やシステムはオンプレミスが一般的な導入方法だったのが特徴です。
サーバーは現在レンタルを行うことができるものでクラウドファイルサーバーと呼ばれるものもあります。
クラウドファイルサーバーとはファイルを使うときに活用するものです。
例えばサーバー上にあるファイルを別のパソコンから操作できるのが特徴といえます。
これによりパソコンへの負担が極端に少なくなるので使い勝手がいいです。
また別のパソコンからアクセスしていつでも操作ができるのでデータを持ち運ぶリスクもありません。
パソコンやガジェットを紛失してデータ漏洩を防ぐ事ができるので安心です。
スマートフォンから利用できるメリットもあるので現代の生活環境に適したものといえるでしょう。
クラウドタイプのメリットはオンプレミスに比べてイニシャルコストが極端に少ないところにあります。
初期費用は基本的に無料で月額料金制を採用しているのが特徴です。
これにより中小企業でも簡単に導入できます。

クラウドファイルサーバ関連情報

クラウドファイルサーバ

新着情報

◎2019/1/24

ファイルサーバの導入目的
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

クラウドファイルサーバのメリット
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「クラウド 意味」
に関連するツイート
Twitter

「おはよう!クラウド!よく、眠れた?」「ティファがそばにいたから…」「それどういう意味かしら」

Twitterクラウドとティファ@ff7_ct_bot

返信 リツイート 11分前

キャラさえいればこっちのもんw(●´ω`●) 2Tキルですが保険でクラウド(絵的に)連れて行ったけど意味無しw pic.twitter.com/pUWF3NO2qK

Twitterのらねこおきなわ@FFBE@noranekookinawa

返信 リツイート 3:35

クラウド的なゲーム機、結局高速での通信ができないとあんま意味なさそうだって思い続けて早数年って印象ある

マイナンバーによる政府の統一管理が進んだ近未来、ここでは個人のふるまいは全てAIに監視・評価され、問題のある者は利用できるネット回線の強度に制限が掛けられる。日常生活の全てがクラウド化したこの世界において、その接続を弱められる事は、自身の存在を否定される事を意味していた。

Googleがクラウドゲームプラットフォームの決定版みたいなサービス「STADIA」を発表しましたね。手元がスタジアムになる、という意味か。ストリーミングでゲームができるのでますますライバーの時代か! livernet.jp/a/3150

自分の契約してるISPがここのクラウドのASと直接peer張ってくれるかで変わるよな。もし張ってくれないなら、顧客は引っ越すまでなんだけど。そういう意味では日本のフレッツで取られてる足まわりとISPを分けてる制度は自由度高くていいな。

グーグルのクラウドゲーミングハード STADIA 正直なとこ10年はやい机上の空論で終わるのが見えるなぁ 通信技術が結局んとこ安価で普及せんと意味ないよな んでクラウドじゃなくダウンロードしてから遊んでねってすぐ転換するのも見えるわ たぶんだけど株価下げることになりそう

えろげのクラウドゲーミングやっても意味なくない? グラフィック処理能力が必要なわけでもないし

ゲームハードはグーグル側で用意した完全なクラウドゲームサービスとかちょっと意味がわからなすぎる

返信先:@clarinht ただ、この説明を見ると、配信データをやり取りするのはクラウドサーバーとyoutubeの間だけなんだよね。 そういう意味ではどんな貧弱な回線でも関係ないんじゃないかな?